読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バンカラうらしま雑記

脈絡なくなんでも書くブログ

X100Fが「画質」を抜きにしても自分を狂わせるワケ

雑記 カメラ

こんにちは、とにかくカメラが欲しいうらしまです。

 

いや、正確には「X100F」が欲しいです。欲しくてたまりません。それ以外は興味ないです。X100Fがいたら私のところに来なさい。

 

でもその理由って「画質」じゃないんですよ。いや、わざわざ単焦点にしてまでレンズから何から拘りまくって画質を追求してるこのカメラ欲しいって言っといてそりゃないぜって思うかもしれないけど、だって他にもっと理由があるじゃない?

 

わかります?よし、わからせる!

「画質」はもう十分 

そりゃあ確かに画質は良いほうがいいに決まってますわな、写すための機械なんだから、そこが気になるのは当然ですよね。カメラとしての基本、土台ですよ。

 

メーカー側がナントカセンサーとかナントカフィルターとかで、日々画質向上に努めているのにも頭が下がるばかり。

 

でもさぁ、今のカメラってどれ使ったって綺麗じゃない?さらに精細に、さらに黒が潰れにくく、高感度に、とか言ったってさ、違いなんてそんなに無い…っていうかわかんないワケですよ。

 

もうとっくの昔に「これくらい写ればイイかな」なんていう合格点なんかラクラク飛び越えてるの。土台はもう十分すぎるくらいガチガチに整ってるんです。

 

800万画素時代に撮ったローパスフィルター越しの写真を今見たって、画質悪いなぁなんて思わないんです。何が写ってるか、どうやって撮ったか、みたいなコトしか考えないんですよ。

 

だから、今の時代カメラを選ぶなら「画質はいいのかな?」なんて悩む必要は無いんです。

 

そんなことよりもずっと重視するべきポイント、あるでしょう?

 

自分はカメラのココを見てる

【見た目】

http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/x/fujifilm_x100f/img/index/img_main01.jpg

クソみたいなポイントだな!と思う人も多いかもしれない。でも見た目は絶対に重視するべき!

 

人に限らず見た目は9割、見た目を気に入るってのは超大事だと思うね!

 

特にカメラは常に持っててナンボ、持ち歩いていないカメラに価値なんか無いんです。

 

気に入った見た目なら持ち歩きたくなるでしょう?そうしたら必然的にシャッターチャンスにめぐり合う機会が増えますよね!

 

そんでX100Fの見た目はヤバい。狂う。ブッ刺さった。

 

ザ・カメラ!って感じがステキすぎ。一般的なコンデジのような「厚い金属の板」みたいな見た目が嫌いなわけじゃないですけどね、こっちの見た目が飛び抜けて気に入っただけ。

 

それに以前の機種にあった「T」とか「S」みたいな余計な主張もないし、軍艦部にあったセンサーっぽいポチポチも最小限になってる。実に奥ゆかしい。

 

ああいうのがついてると一気に萎えるんですよね~、 百日の説法屁一つというか、一気に台無し。

 

しかし今回のは無駄なものがそぎ落とされて、もうとにかく最高に美しい。

 

でもそれだけじゃ踏ん切りがつかないんですよね、なんたってコレ14万とかするから。めっちゃ高いんだわ。

 

それで、見た目をクリアしたら次はこっち。

 

【便利な機能】

 

 X100シリーズって短焦点なんですよね。オンリー35ミリ。

 

写りへのこだわり故にこの選択をして、やはりこだわりを持つ人達からはとても好意的に受け止められたようです。

 

でもさぁ、普通はそんなの使いにくくてしょうがないじゃない?漠然と「カメラ欲しいな~」って人には絶対刺さりませんよね、そんなカメラ。いかに見た目が良くてもそりゃ躊躇しますよ。プロ以外お断り感をビシビシ感じるもん。

 

正直X100シリーズが気になってた人ってたくさんいるでしょ、でもここがネックになってた人もまたすごく多かったんだと思うの。

 

そんな背景があってかなくてか、X100Fにはデジタルテレコンバーターという機能が搭載されたんですよ!これによって35ミリに加えて50ミリと70ミリも使えるようになって利便性が格段に良くなったんです!

 

いや~英断だよね、X100が一気に身近に感じられるよ。たとえばカメラのニーズとして大きな割合を占めるであろう家族の写真を撮りたいみたいなヤツね、これだけ切り替えられたら家でも旅行先でもいつでも使えるんじゃない?いや自分はそこに当てはまってないから正確にはわからないけれども…。

 

そんで最近は写真をスマホなんかにワイヤレスで送れる機能もついちゃってたりして。今や写真は撮るだけじゃなくて共有するものだからね!コレ大切よホント。

 

こんなクラシック極まる見た目しといて、現代のニーズに合ったものや万人に向けた機能を柔軟に入れてきているってところがもう最高に萌える

 

初代の「35ミリの写真を撮ることにしか興味ねぇんだよ!」みたいなね、拗らせたラーメン屋の頑固親父みたいな融通の利かなさが解消されてるんですよ。

 

「35ミリの写真はいいですぞ、写真を楽しもうではありませんか。でもその気になれば50ミリとか75ミリも撮りますし、なんなら動画も撮りましょう。せっかくだからスマホに送っておきましょうか、ほっほっほ。」みたいなナイスミドル。

 

体は大人、頭脳は若者ってカンジ。萌え萌え。

 

X100F買うよ~

とにかく見た目が最高だし、そこに新しい機能を搭載して今に適したスタイルになって、いろんな人に優しくなった。

 

それでもなお根っこの部分の写真撮影へのコダワリもブレてない。独自のファインダーとアナログダイヤルがあって、高速な電子シャッターもフィルムシミュレーションもNDフィルターもインターバルタイマーもホットシューもあって、オートフォーカスも使いやすくなり、そして専用開発されたレンズと新鋭のイメージセンサーによる確かな画質。

 

モノとしてのレベルがめちゃくちゃ高そう。なんか密度がスゴイよね。あぁ、手元に置いておきたい。

 

今は価格が下がっていく時期だから、四月上旬あたりが買い時かな?それまでにブラックかシルバーか決めとかなくちゃね~。

 

 と、物欲を撒き散らしたところでおわり!